So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スマートフォン ブログトップ
前の10件 | -

そろそろスマホ買い替えどきなのかな? [スマートフォン]

今使っているスマホはFJL22
4年半前に発売されたモデルで、白ロムを中古で買って2年6ヶ月間使用中

国産スマホなので、Androidのバージョンアップもなく、4.2.2のまま
アプリも対応していないものが増える中・・・

ヤフーに続き楽天も標準ブラウザに対応しなくなるのか。
Screenshot_2018-07-06-14-53-28.png

まぁchrome使えばまだなんとかなりそうだけど、そろそろ買い替え時なのかな
Androidも今はバージョン8.0のOreoまで進んでいて、取り残された感満点w

使用中のFJL22も性能的にはなんの不満もないのだが、やはりOSのバージョンアップが無い国産スマホ(白ロム機)は、長期間使用する前提であれば候補から外さなければならないようですね。

ということで早速物色してみるも、
使用中のAUのSIMは今の機種では使えないので交換が必要。(VoLTE対応SIM変更手数料2408円)
SIM変えるんだからAUでなくてもいいんですけど、SMSが無料で使えるのはAUだけなので、次回もAU(mineo)にしようと思っています。

話が逸れた。機種選びに戻ります。
ということでAU VoLTEに対応しているスマホでなければならないと言う縛りができてしまったw
機種選定に参考にしたサイト:mineoのおすすめ

候補1 ZenFone4 Max 新品:18000~ バッテリーも大きくて電池寿命が長い。
解像度は低く、性能は少し見劣りするかな
Qualcomm[レジスタードトレードマーク] Snapdragon[トレードマーク] 430 オクタコア RAM:3GB ROM32GB


候補2 HUAWEI P10 lite 新品:20000~ ZenFone4 Maxとそんなに価格が変わらない。
性能はいいけど、その分電池寿命は短いよね。
Huawei Kirin658 オクタコア RAM:3GB ROM32GB


候補3 HUAWEI P20 lite 新品:27000円~ 少し価格が上がりますが、P10より新しい機種なのでこちらのほうがいいかも。
Huawei Kirin659 オクタコア RAM:4GB ROM:32GB
UQモバイル版はAU SIMでは使えないそうで注意が必要。買うならSIMフリー版


他にも安い機種があるのかわかりませんが、ボーナス出たら

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セリア iphone用マクロレンズ [スマートフォン]

FJL22のカメラですけど、マクロ撮影ができない。
前使っていたスマホはマクロ撮影できてたような、出来てなかったような・・・

たまにお仕事でも気軽にマクロ撮影したい時があるのですが、なんか便利そうなものを発見。

セリアで売っていたクリップ式マクロレンズ XYY-39
DSC_1277.jpg

FJL22に早速取り付けて撮影してみるとピンぼけ・・
やっぱiphone用なのか と諦め掛けたんですけど、被写体にほぼぴったりくらいに近づけてみると、「おぉ~~~~」
ピントが合ったよ。

すごく合焦範囲が狭いw マクロ専用だから 当たり前ですよね。

パソコンモニタを撮影したサンプル画像
マクロレンズなし
DSC_1276.jpg

マクロレンズあり
DSC_1275.jpg
マクロレンズ先端 10~13mmがピントの合う範囲です。
中央部しか使えない感じですけど、結構強力でいいかも。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャンドゥ Can★DoにVRメガネ [スマートフォン]

VRメガネも100円買える時代ですか・・・
DSC_0648.jpg

DSC_0649.jpg

岡山の100均ではCan★Doは少数派(店舗数)ですけど、傘の修理セットがあったり、ゴルフに便利なタオルホルダーがあったりとか、他の100均とは、ちょっと違った良さげなアイテムがあるようでおすすめです。

傘修理セット
DSC_0660.jpg

タオルホルダー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Office Lens 画像台形補正アプリ [スマートフォン]

チラシやドキュメントなど四角い画像を撮影した時に斜めになってしまいますが、この歪んだ画像を簡単に補正してくれるアプリがあったので紹介します。

Office Lens
 アンドロイド版
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens&hl=ja
 iOS版
 https://itunes.apple.com/jp/app/office-lens/id975925059?mt=8

こんな写真を
DSC_0950.jpg
自動的にこんな補正をしてくれます。
20170320.jpg
左端の処理がおかしいですけど・・・・
自動でおかしい時も、手動で4隅を指定すれば簡単に補正できます。
保存した画像だけでなく、撮影するときでもカメラ代わりに使えますので本当に便利ですよ。

あと、保存する時にファイル名に「/」が入っちゃうのが少し残念な点。
ブルートゥースでファイルを飛ばすと、そのままではWIndows側で保存ができないので転送に失敗してしまいます。

mdnsdってなんだろう? [スマートフォン]

最近バッテリーの減りが早くなったなと感じていたので、久しぶりに電池の使用量をみてみると

「mdnsd」

Screenshot_2017-03-06-08-18-43.png

って見慣れないプログラムが約半分を専有・・・ということは、いつもの倍、減りが早くなっているということですが、何が原因で何を止めれば良いのかよくわかっていません。

とりあえず、スマホを再起動すれば暫くの間いなくなるようです。

たまには再起動しろってことなのでしょうか?


スマホ用 3D(VR)メガネを買った [スマートフォン]

Tepoinn (テポインー)3D VRメガネ 超3D映像効果 黒 改良版

タイムセールで送料込み1839円だったので、買ってみた。

2日後に届いた。
DSC_0368.jpg

スマホを引っ掛ける爪が短いので分厚いスマホだと上手く挟めないかもしれません。
FJL22はカバーを付けているので、カバー取り外してもギリギリでした。


最初はスマホにVR用アプリをインストールして、アプリを起動。
(最初は星空のアプリにしてみました)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.PYOPYO.StarTrackerVR&hl=ja

それから老眼・・・・ メガネを掛けた状態だと30cm以内のものにはピントが合いませんので、
まずド近眼用メガネを外して、装着。
 
 おっ、ピントが合いませんwww 近視状態ですね。

しかたないので、メガネを装着。
メガネを掛けたままでもじゃまになりません。
そしてピントもきちんとあってきれいに見えました。
遠くが見えれば老眼の心配は要らないみたいですね。
取り越し苦労でした。

今のところ、旅行というか観光地のアプリなど入れて遊んでいます。
もちろん自由には動けませんが、行ったことがない場所を身近に体験できる。気がするw
行ったことがある場所でも楽しめます。

こんなアプリも面白いかも と思いましたが、端末が対応していないとか残念。
Google Spotlight Stories
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.spotlightstories&hl=ja

ただ、少し目が疲れる感じがします。
すごく軽い乗り物酔いに状態なのかもしれません。


ロゴが違うだけで安いのもあった・・・・

旧型はレンズが小さいです。


価格の違いって違いは何でしょうね。安いのでも問題なさそう


Amazon 3Dメガネ売れ筋1~3位

ポケモン Pokémon GO できねぇ!!! [スマートフォン]

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

日本版開始したらしいです。

しかし、私の持っている端末には対応していなそうで、大変残念です(ToT)


スマホが FJL22はAndroid4.2.2のためダメ
タブレットは
NEXUS7はOSが対応していますが wifiモデルのためダメ
Lenovo YOGA tablet2 OSは対応していますが CPUがatomのためダメ

ひどいですwwwww

■Pokémon GO対応環境:
対応OSバージョン:Android 4.4 - 6.0
対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。
※Pokémon GO公式サイト記載の動作環境をご確認ください。
※タブレット端末での動作は保証しておりません。
※一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合があります。

FREETEL Priori 3S LTE【SIMフリースマホ】 [スマートフォン]

一括0円販売がなくなり、安い白ロム機が減ってきています。
折角、毎月の通信料を下げるためMVNOを利用していてもスマホ本体が高いとあまり意味がなくなります。
とはいえ、SIMフリー機もスペックを考えるとそんなに安くないのよね。

例えば今回紹介する 「FREETEL Priori 3S LTE」
画面は5インチですけど、解像度はFull-HDでない。
同時タップも10点ではなく5点
ワンセグ、フルセグなし
お財布携帯(NFC)もなし
カメラも800万画素で1300万とか1600万とかない
連続待受時間もバッテリーが4000mAhもあるくせに3000mAhしかない日本メーカーより短い500時間とか。

価格的には中古でも良ければ、14年春モデルでもいいかもと思ってしまいます。

もちろん、テレビもNFCも使わなければSIMフリー機でぜんぜん問題はありませんよ。



Color lineup
パールホワイト、マットブラック、ネイビー


BATTERY
      一般的なスマホの約2倍。
      4000mAhバッテリー。

DISPLAY
      さらに大きく、美しく。
      5インチHDディスプレイ

MEMORY
      2GBメモリでサクサク。
      基本スペックも優秀です。

Multi Touch
      5点マルチタッチ対応で
      操作もスムーズ。



DOCOMO 白ロム


スマホ と タブレットPC [スマートフォン]

スマホの画面も5インチ以上が普通になってきて、6インチも当たり前にあり、タブレットPCと画面の大きさだけでは違いがなくなりつつあります。

そんな中、どっちを買えば良いのかという悩みも出てきますが、

タブレットPCには 通話機能がない ということが大きな違いです。
画面が10インチあろうが、通話機能があればスマートフォンなのです。

ということで、ガラケーの代わりにしようと思うのならスマートフォン(通話機能付き)に区分されているものを購入してください。
一応、LINE通話やIP電話で構わないというのであればタブレットPCでも通話は可能です。

あとは、タブレットPCのカメラにはほとんどフラッシュ・ライトが付いていません。
画素数もスマホなら2000万画素を超えているようなモデルもありますが、タブレットPCではリアカメラ800万画素が最高のようです。
フラッシュについてはこんな例外もありますが・・・
MediaPad M2 8.0

あとは、SIMが入らないWi-Fi専用モデルが多い。

またスマホの中では
白ロムとSIMフリーの違いというか、ドコモの白ロムなど日本国内向けの機種には
TV(地デジ)視聴機能 と おサイフケータイ機能 と 赤外線通信機能 の3種類がついていますが、SIMフリー機ほぼついていません。
赤外線通信はガラケーから電話帳を移す時に使う機能になります。

どうしてもスマホでTVが見たいのであれば、ドコモかAUの白ロムを購入したほうが良さそうです。


中国向けは安いね。【Lenovo Lemon3】700元 [スマートフォン]

Lenovo Lemon3 (K32C36)
http://www.lenovo.com.cn/product/51189.html
Lenovo-021-480x480.jpg

699元 1元20円としても14000円で
5インチ FHDのスマホが帰る中国が羨ましい。 
サイズ:142x71x8mm
重さ:142g
CPU クアルコムのSnapdragon 616(4コア1.5GHz+4コア1.2GHz)
メモリ:2GB
ROM:16GB
OS:Android 5.1
バッテリ:2750mAh 連続通話32時間
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:500万画素
2570-2620/1880-1920/2300-2400/2496-2690MHz(TD-LTE);
2010-2025/1880-1920MHz(TD-SCDMA);
869-894/925-960/1805-1880/1930-1990MHz(GSM)

こういう奴を日本で売らなのかな
前の10件 | - スマートフォン ブログトップ