So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の記録 [自転車]

6/23 岡南TT 気持ち追い風 2:23 59/356位
Screenshot_2017-06-22-13-04-44.png
サイクルジャージ効果なし?w

29.2km/h こちらも0.2km/h記録更新
Screenshot_2017-06-23-12-53-45.png

きついわ

過去の記録


チューブが届きました。 [自転車]

楽天のセールで1本324円になっていたので36mmを4本と48mmを2本購入しました。
送料無料が5400円以上なので、そこへいくまで色々買ってみました。

 金が無くなる奴の典型的な買い方ですwww

108円工具
チェーンカッター

そして フロントクランクやボトムブラケットを交換するつもりもないのに・・・・
クランクツール
ロックリングツール
ボトムブラケットレンチ

まだまだ5400円に届きませんw
 295gで37g軽くなるはずな軽いチェーンが安いのか? 
YBN SLA-H8 CR 2492円 

まだ足りない・・・
さらについで買い。
 1296円になっていたチタンレールのサドル

これで6164円也
a.jpg

早速チューブを後ろタイヤにセット。
もうチューブ交換は慣れたものなのですぐ出来ました。(慣れたくないけど・・・・・)

そして次はチェーン交換だ!

ということで、まずは重量計測から
DSC_0336.jpg
なぬ!311.5g? 仕様より16.5gも重いじゃん・・・

108円のチェーンカッター
DSC_0337.jpg
台紙のプラ板がインチとセンチのものさしになっています。
かっこいいww
DSC_0338.jpg

それからチェーンのリンク数を計算してくれるサイトで
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/chain_link.html
422mm F:53T/R:25Tで計算すると109リンク、420mmだと108リンクだったので
チェーンがきちんと調整された長さより長いのは問題だけど、少し短いのは問題にならないという事を信じて、115リンクから7リンク分を切断します。

爪が締まっているので
DSC_0340.jpg
一旦緩めてから
DSC_0341.jpg
チェーンをセットして
DSC_0342.jpg
グイグイ回しましてピンを抜きます。最初だけ結構、力が必要です。
DSC_0344.jpg

そして自転車にセットし、前の状態と比較

Before
DSC_0983.jpg

After
DSC_0346(1).jpg

前よりはテンションプーリーが後ろへ移動していて少し改善されているようですけど、もう2リンク長くしても良さそうな感じですね。
何か勘違いしていた テンションプーリーとリアギアのセンターが垂直と思っていたのですけど、テンションプーリーとガイドプーリーを垂直にしないといけないのね。だったら、まだまだ長さが足りない。

2リンク追加したらこんな感じで
DSC_0350(1).jpg
テンションがガイドより少し後ろになりました。
DSC_0349.jpg
このレベルでもまた短くしないとダメなんだろうかね? 
とりあえず、この状態でしばらく乗ってみることとします。

そして最後は外したチェーンの重量測定
DSC_0347(1).jpg

291.3g 予想していたより軽いじゃん。
新しいYBNのチェーンは計算上 311.5÷116×108=290g・・・・全然軽くなってねえしwww
110リンクだと311.5÷116×110=295g 重くなってしまいました。

例え106リンクでも6.7gしか軽くならいよね。
KMCのZ7は1500円くらいで販売しているので1000円も高いのになにしてんだって感じ。

肉抜きしてんのに軽くないのはなぜなんだろう。
DSC_0348.jpg

今回のチェーン代2500円は高い買い物でしたな。

GIANT P-SL0 リヤホイール フリーボディ分解 [自転車]

昨日ですが、空気を入れしようと空気入れをバルブに繋いだ所、自転車が「バタン」と倒れちゃいました。
そしてチューブのバルブを見てみると・・・・ 折れてる(T_T)
その後すこし乗って、空気入れられるのかな? なんて再び空気を入れてみると・・・
バルブが奥に入ったまま帰ってこなくなり、空気入れを外すと勢い良く空気が抜けて、チューブさん終了!
すぐに替えのチューブが無いので、ついでなのでリアホイールを外してメンテナンスしてみようかとリアハブのラチェット音について調べていると、YOUTUBEにP-SL0の動画があったので見てみると、ラチェットんがほぼ無音なのね・・・


ということで、現状のラチェット音が異常だと気付いたので、グリスアップしようと分解を試みようということで、再度いろいろ調べてみると、一応P-SL0はリヤハブを含めホイールはDT SWISS 製なので、240Sの様にスプロケットを付けたまま、スッポ抜けるかな?なんてチャレンジしてみるも、ぜんぜん抜けません。

とりあえずスプロケットカセットを外してみて確認してみるも、イモネジやナットなど無さそうなので、やはり240sの様に抜くしか方法は無いか・・・・

とりあえず構造がよくわからんけど、外観は240Sとほぼ同じ様なので、フリーボディー側の反対側のキャップ?(①の部分)を外して、その穴から8mmのアレンキーを突っ込んでハンマーで「コンコン」を叩いてやるとフリーボディ側のキャップ(①の部分)が抜けバラバラにできました。



後は、クリーナーで掃除した後に、クレのスプレーグリスを塗って再組立で完了。

でもでも~音が小さくなった気がしない・・・・

グリスは専用のものを使ったほうが良さそうです。

ホイール交換 [自転車]

GIANT P-SL0を中古で購入し、スプロケットカセットが付いていたので、新しいカセットを買うことを断念して工具を購入し、組み換え。




P-SL0についていたスプロケットは簡単に外れましたが、OCR5300の方は硬すぎてなかなか外れませんでした。

そしてスプロケットを移植しようとすると、3枚目位から入りませぬ。
P1130721.JPG
これがかじりっていうやつですかね?
出っ張っているところをヤスリで削り落とすとなんとか入りました。

それから、新しいタイヤとチューブを取り付けて重さを計測

チューブは
CST CST70025-UL-F48 Ultra Light Tube 実測52.2g
DSC_0286.jpgDSC_0285.jpg

タイヤは
DURO DB-7043 Stinger HR 700×25C 実測188.4g
DSC_0287.jpg

リア 2064g → 1490g リアだけで 570g軽量化
P1130723.JPG

ついでに軽量なクイックレバーも付いていたので、37g軽くなりました
DSC_0204.jpg

フロント 1465g → 970g で490g軽量化 合計1060g
DSC_0302.jpg

前後クイックレバー 120g → 50g で70g軽量化 合計1130g

DSC_0304.jpg
リアディレイラーの再調整が必要ですが、トップギヤまで届かないのはなんでかな?

とりあえずギヤチェンジが上手く出来ないまま乗っていますが、ギヤが1~2枚軽くなった気がします。しかし、風には逆らえず最高速度や巡航速度は変わらないようですww

それから、このホイールはラチェット音がめっちゃ大きい
「カチャカチャカチャ」 壊れてるんかいってくらい。
ちょっと恥ずかしいです。
DT SWISS製のハブ&ホイールなのかな。音が大きいのが標準みたい。


 60000円(9.75kg) →フロントフォーク交換66000円(9.50kg)→ブレーキシュー交換67000円(9.50kg)→タイヤ・チューブ・ホイール交換87000円(8.37kg)







DURO DB-7048 Dorado 700×25C 実測230.6g
DSC_0289.jpg


吊りはかりを購入 [自転車]

1000円位で販売しているみたいなので、自転車の重さを量るため、吊りはかりを買ってみました。



色々図ってみましたが、10g単位のようです。
図り方で重さが毎回かわるので、風袋リセットしながら何回か図ってみて同じような値がでればその値は信じられるかも。

まだ、9700g 重い自転車ですw
DSC_0218(1).jpg


こっちの安い吊りはかりだと5g単位のようです。

マキシス 軽量ウルトラライトチューブ 買ってみた。 [自転車]

700x18/25C 48mm 64.7g ほぼ仕様どおりの重さです。
DSC_0191.jpg

早速装填! 空気を入れます。
6.8barまで順調に入っていましたが、もうひと押し7.0barで 「ポンッ。パス~~」えぇぇぇ~~~~~

パンクなら直せばいいかとチューブを出してみると・・・・・

40cmくらい裂けてました。ひどいToT
DSC_0216(1).jpg

1000円パーですがな。
みなさん、こんなこと納得してるんですかね?

ギヤ比について [自転車]

中国GIANT OCR5300の仕様ですが下記のようになっています。
フロント チェーンリング39/53T
多分これかな
Sunlite Alloy Double Crankset, 170mm x 53-39t, Black by Sunlite ←こんなんつけるくらいだったらクラリスでいいのに・・・ と思ったけど2000円くらいなのね。4万円の自転車じゃそうなるか。
 ディレイラーがクラリスなのにクラリスの34/50Tよりギヤが大きい違うものを使っている分カリカリとチェーンが当たって音がしているのかも。

リヤ シマノ CS-HG50 8S 12-25T

いつも使うギヤですがフロントはアウター側に固定していて、リアが2~6速なのですが6速は私には重すぎて、使っても一瞬だけです。
1.png

なので、アウターの5速と6速の間のギヤ比が無いか計算してみた所、インナーの8速が該当しますが残念ながらたすきがけのギヤとなり基本的には使えません。
2.png
その代わりといっては何ですが、
アウター3速ー4速ー5速の間にインナーの6速と7速があるようなので巡航する時は使えるギヤだと思います。

今後ホイールを軽量なタイプに替える時がくれば、現状スプロケットを外す工具を持ってないので、工具とだいたい同じ金額でスプロケットが買え、装着はモンキレンチがあれば大丈夫そうなのでリヤのカセットスプロケットのセットも買おうかなとか思っています。

その候補は今のところ13-23T
最も軽いギヤがなくなり、インナー7速とアウター2速がほぼ同じギヤ比になりますが、
4.png


ギヤ比2.3~3.53の間が6速から7速に増えます。
問題はアウター3速と4速の間が0.33離れてしまうこと。
でも残りは最も軽い1.7~最も重い4.08までの0.3未満に収まりいい感じ。
3.png

また、13-23Tの場合
ギヤ比2.3~3.53のチェンジが
インナー4速→5速→6速→アウター3速→4速→5速→6速と12-25Tの時よりフロントのギヤチェンジが2回から1回に減ります

11-25Tの場合
ギヤ比2.3~3.53のチェンジ(実際の加速時にはこんなことしないでしょうけど、巡航時の最適なギヤを探す時には必要かな?)
アウター2速→3速→4速→インナー7速→アウター5速→6速

中国ジャイアント OCR一覧

リム打ちパンクしてしまった。 [自転車]

いつも通る道の縁石の段差を乗り越える時
空気が少し少なかったのか?
いつもより少しは速かったのか?
初めてのパンクの時と同じような後ろタイヤから音がしました。・

最初後ろだけかな?とか思いながら自転車を押して会社へ向かっていると途中で「パス~」と音が・・・・
前タイヤもパンクしていたようです。

今日も1本分のパンク修理しかできない装備だったので修理はあきらめ自宅へ持って帰ることにしました。
といことで、お昼に一旦歩いて帰宅して車で自転車をお迎えしました。
フロントタイヤを外せば、デミオ君の後席を占領してなんとか乗りますね。

あとはパンク修理ですけど、今回はうまくいかない・・・・DSC_0189.jpg
とりあえず前後ともチューブ交換で走れるようにはしましたがリム打ちのハの字の修理は難しいんですかね?

チューブを買い足しておかなければなりませぬ。 ガックシ

サイクリング用ヘルメットを買ってみた。 [自転車]

もちろん安いのだけどな。
送料込みで1750円。溜まっていた楽天ポイント1750ポイント使用。DSC_0178(1).jpg
 インモールド形成(最重要)
 脱着可能なインナーパッド付き(重要)
DSC_0177.jpg
かなり想像していたより外側も内側も「カッチカチ」やねん。
そしてでかい(分厚い)www(イラストともかなり違うよ)DSC_0179.jpgDSC_0181.jpg
一応CE EN1078のシールも貼ってある。(made in Chinaなので、実際にCEの規格に合格しているかはわからんけどw)
この価格でこの品質は結構いいんじゃね? とか思っています。

なお、ウィキペディアにもヘルメットの有用性が記述されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88_(%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A)

現行規格への非難と新設計[編集] ヘルメットの内装が硬すぎて効果のない可能性がある。いくつかの標準規格では人の頭部より重く硬い頭骨模型を要求するため、人の頭部よりも緩衝材がつぶされかねない[11][12]。
実際の事故では、


たいていは、内装の緩衝材がほとんど潰れていないことは明かだった。本当の衝突で実際に起こることは、人の頭部が衝撃によって弾力的に変形するということである。剛体の頭部模型を使う標準的な衝撃吸収試験では、結果として全ての加速度減衰は内装の圧縮として現れるので、頭部変形の影響が考慮されていない。

剛体の頭部模型はヘルメットのパッドをつぶしやすいので、衝撃吸収試験に合格するために製造業者はヘルメットに比較的固い緩衝材を用意しなければなかなかった。その結果、表15のイラストのように、剛体には程遠い子供の頭蓋骨が衝撃によってあっさり変形する。この事実は、医療現場では良く知られており、これが子供が思ったより軽症の頭部衝撃でも観察のために入院する理由となっている。衝突の間に生じる子供の頭部の実質的な弾性変形は、きわめて広範囲にびまん性軸索損傷を引き起こす。



— [13]
本当の事故では、ヘルメットの破壊は良く起こるけれど、緩衝材がつぶれて意図した通りに働いたというヘルメットを滅多に目にすることはない。




たしかに内側がこんなに硬すぎる硬質発泡スチロールのヘルメットだと衝撃吸収してくれそうにない。
でも地面に直接頭をぶつける事よりはかなりマシかなとも思います。
 内側のモールドで外側と硬質、内側を軟質の二重構造にしてくれると良いと思うのですが、高いヘルメットだと有るみたいですね。
キャノンデールのピークプロテクション機構など



ヘルメットの有用性の中には、ヘルメットをかぶる事が面倒で自転車に乗らなくなり、健康に悪いと言った面も考慮されたり、かなり面倒な議論になっているようです。
・ヘルメットを被る人と被らない人では速度が違うとか
・ヘルメットを被っていないと安全運転するとか
実際にヘルメットの有無で事故を起こして人体実験するわけにもいかないしねw



GIANT OCR5300 ホイールなどの重さ [自転車]

Lifeline Essential ROADとチューブに交換したフロントタイヤの重さが1475gでした。DSC_0171(2).jpg

ノーマルが1464gなので11g増量。
そして、取り外した最初に入っていたチューブが85g
DSC_0170(3).jpg
軽! そら23c用のチューブ入れてんだもんな・・・・
DSC_0169(2).jpg
パンクもしやすいはず。

ということで、ホイールの重さが大体判明しました。
1475-268-108=1099g
そしてノーマルのタイヤが280g(多少ちびてるけど)

そして、リヤホイールは
2064-300-280-85=1399+α(タイヤがちびている分)

合計 2498g 2510~20gってところでしょうか。

シマノのRS010が約1900gなので 10000円(wiggle)で-610gほど軽量化できます。


フルクラムのレーシング5 LG シマノだと 約1660gで 24000円(wiggle)で-850g



ということで軽量化計画の計画変更
 60000円(9.75kg) →フロントフォーク交換66000円(9.50kg)→ブレーキシュー交換67000円(9.50kg)→タイヤ交換70000円(9.43kg)→チューブ交換73500円(9.36kg)→ホイール交換97500円(8.51kg)

やばい10万円コースか・・・
こんなことになると178200円のGIANT TCR SLR2(7.9kg)にしておけば良かったとか思ってしまう・・・
ホイールは1775gとそんなに軽くないのに7.9kgとか。

とてもあと5万円で600gは削れない気がするし、安いOCR5300を買った意味がなくなるのでホイール替えるだけで終わらせとかないと、きっと後悔する。
壊れたらSLR2を買おうw



前の記事 OCR5300 タイヤの重さ