So-net無料ブログ作成
検索選択

クラリスにもトリム機構がありました。 [自転車]

最近は雨続きであまり自転車に乗れてませんが、月曜日に新しく交換したサドルを使ってみました。
指でスポンジ(クッション)を押した感じでは同じくらいかなと思っていたのですが、実際に座って漕いでみると、GIANT純正より固い感じでお尻の頂点が少し痛いです。
サドル自体も10~20mm位前になっているので少し違和感もあります。
DSC_0422.jpg


タイヤを替える前は出だしはローから2枚目だったのですが、タイヤを替えてからはローから3か4枚目で出る様になっていて、巡航に入るとハイ側4枚を使うことが多くなっている事に加え、新しいホイールではスプロケットギヤが純正のホイールよりハイ側に寄っているので、フロントをアウターにしてリヤをトップから4枚分の時、チェーンがガイドプレートにこすっていることが多くなってストレスを感じ、何度かフロントディレイラーを再調整しているのですが、その度に上手く回避出来ないなと嘆いていた私ですが、フロントレバーとアウター側にカチッと押してやれば、ガイドプレートが少しアウター側に移動して音が出なくなるんですね。

アウター側にカチッと入れれば、ガイドプレートがアウター側に少し移動
DSC_0419.jpg
インナー側にカチッと入れれば、ガイドプレートがインナー側に少し移動
DSC_0418.jpg

105とかでそんな機構がある事は結構前から知っていたのですが、STIレバーの一番下のクラスの我がクラリス(Claris)にもあったとは。
そしてその機構を使うシーンとガイドプレートにチェーンがこすっていても問題なかったのだと自転車を買って3ヶ月以上経ってやっと知ったのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。